北海道新聞に掲載されました。

7月のライブスケジュールのコメントに
「サッポロキッド様」より
下記、北海道新聞に掲載された記事のご紹介をいただきました。


--

北海道新聞掲載記事です
阪堺電車のチンチン電車を特集した北海道新聞の記事のひとこまです。アップされるんでしょうか?



*釜ケ崎のジャズ*気軽に音楽 お代は「投げ銭」

 「恵美須町」から2駅目、「今池」の停留場は「釜ケ崎」とも呼ばれる労働者の街、西成区あいりん地区のど真ん中にある。仕事にあぶれ、路上生活を送る日雇い労働者も多いその街に、きょうもジャズの音色が軽快に響く。
 立ち飲み「難波屋」やおでん「成田屋」で4年前から行われているジャズライブ。今年4月にはジャズバー「レイジーエンジェル」も開店し、毎日のようにジャズを聴けるようになった。
 「卵焼き100円」「焼きそば200円」など極安のメニューが並ぶ難波屋は、店の奥、穴蔵のような15畳ほどのスペースが会場だ。10人も入ればびっしりで、客の目の前でベースがリズムを刻み、トランペットが奏でる。
 「もともと音楽が好きだったし、『釜』という暗いイメージを変えたかった」とライブを始めた難波屋の筒井亘さん(56)。熱唱するはらさちこさん(33)は「西成ではお客さんから音楽を聴きたいというオーラが伝わって来て、それに乗せられるんです」。
 誰もが気軽にジャズを楽しめるようにと、お代は3店とも「投げ銭」だ。
<アクセス>
  釜ケ崎のジャズライブはホームページ「西成ジャズライブスケジュール」(http://nishinarijazz.blog133.fc2.com/)が詳しい。


--

以上がサッポロキッド様にご紹介頂いた記事です。
私はこの淡々とつづられた記事にジーンとしました。
遠い北の街へも此処からの想いは
届いているのですね。
スポンサーサイト
Secre

最新記事

QRコード

QR